カーズマンワールド ■□■ 競馬の国 ■□■

今年は3連単で1,000万円Get!!してアドレナリン『ピュ~~ッ』と出したい!! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

2006年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◎ 第47回宝塚記念(G1)_予想【◎ディープインパクト】

◎ 第47回宝塚記念(G1)_予想



◎⑧ディープインパクト
△②トウカイカムカム
△④ダイワメジャー
△⑤ハットトリック
△⑨カンパニー

■3連単■(6点:\1,800)
⑧→②④⑤⑨→④⑤:\300ALL
■3連複■(6点:\1,200)
⑧→②④⑤⑨BOX:\200ALL



◎ 第133回天皇賞(春)(G1)の考察③_ディープインパクトは何を連れてくるのか?
でも記したようにディープインパクトが出てきたレースで他にサンデーサイレンス産駒が出走していた場合の馬券スタイルは
【ディープインパクト】→【???】→【サンデーサイレンス産駒】
が基本である。
第133回天皇賞(春)(G1)もこの形で決まっている。

となると今回は
1着:◎⑧ディープインパクト
2着:???
3着:①リンカーン④ダイワメジャー⑤ハットトリック
が基本スタイル。

ここで過去のデータを参考にして考えてみる。

今回は断然1番人気で1着で入ってくることが考えられる
◎⑧ディープインパクト
90年まで遡って1番人気で1着にきた時の2番人気の成績は
【0-0-0-8/8】
全く馬券に絡んでいない。
ゼンノロブロイ、グラスワンダー、エアシャカールなど名馬といえる馬たちも沈んでいる。
となると、①リンカーンは切るのが妙味。

年齢別での成績は
3歳:【0-0-1-8/9】
4歳:【10-9-6-50/67】
5歳:【4-6-7-50/67】
6歳:【1-1-2-31/35】
7歳上:【1-0-0-20/21】
と言う傾向より4・5歳馬を◎⑧ディープインパクトの相手に。
となると相手は
②トウカイカムカム
④ダイワメジャー
⑤ハットトリック
⑥コスモバルク
⑨カンパニー

⑥コスモバルクに関しては3歳の頃から
『この馬は2000mがベストでそれ以上の距離ではいらない』
と言ってきているので、ダービー以降一円たりともこの馬がらみの馬券は買っていない。
今回も距離に疑問があり、海外帰りというこもあるので今回も切らせていただく。

今回は◎⑧ディープインパクトがどのようなパフォーマンスで勝つのかが注目です。


ブログランキングに参加しています。
よかったらお好きなランキングサイトに投票お願いします。
↓↓↓
FC2競馬ブログランキングの最新競馬情報はこちら!
FC2 Blog Ranking
人気競馬blogランキングはこちらから
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 競馬ブログへ


◎mobile◎
■カーズマンのおすすめ■
■止まり木ブルース
【生粋のギャンブラー『健坊』が主人公のフィクション競馬小説。こんな賭け方してみたい!『よっしゃー!デケタ!そのままー!!!』】

■『馬券練習帳』シリーズ
【北野義則著。『一旦長者の考察』『あきらめラインの考察』など筆者独自の切り口でのさまざまな考察は面白くかつ納得させられます。カーズマンのバイブルの1冊でもあります。】
スポンサーサイト

| 【G1】宝塚記念 | 09:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◎ 湘南ステークス_予想【◎スクールボーイ】

◎ 湘南ステークス_予想



◎①スクールボーイ
○⑮ウインディグニティ
△⑧ニホピロキース
△⑭サクセスドマーニ

■複勝■(1点:\1,000)
①\1,000
■馬連■(3点:\300)
①→⑧⑭⑮:\100ALL
■3連単■(6点;\600)
①→⑧⑭⑮(BOX):\100ALL
■3連複■(3点:\300)
①→⑧⑭⑮(BOX):\100ALL


◎①スクールボーイ
東京芝1600mは
【3-4-0-2/8】
柴田善臣騎手に乗り替わりは同馬にとっては相性がいいのでプラス材料。
柴田善臣騎手騎乗時成績
【2-0-1-1/4】

柴田善臣騎手は信用していないと散々書いてきたが、それは重賞での話で条件戦クラスであれば十分関東のトップジョッキーであるので逆に信頼に値する。
人気がなければおいしい馬券にありつけそうな感じだ。


ブログランキングに参加しています。
よかったらお好きなランキングサイトに投票お願いします。
↓↓↓
FC2競馬ブログランキングの最新競馬情報はこちら!
FC2 Blog Ranking
人気競馬blogランキングはこちらから
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 競馬ブログへ


◎mobile◎
■カーズマンのおすすめ■
■止まり木ブルース
【生粋のギャンブラー『健坊』が主人公のフィクション競馬小説。こんな賭け方してみたい!『よっしゃー!デケタ!そのままー!!!』】

■『馬券練習帳』シリーズ
【北野義則著。『一旦長者の考察』『あきらめラインの考察』など筆者独自の切り口でのさまざまな考察は面白くかつ納得させられます。カーズマンのバイブルの1冊でもあります。】

| 【1600万下】 | 04:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◎ 第56回安田記念(G1)_予想【◎ハットトリック】

◎ 第56回安田記念(G1)_予想



◎⑥ハットトリック
○⑱グレイトジャーニー
▲①ダイワメジャー
▲⑧フジサイレンス
▲⑪カンパニー
▲⑭インセンティブガイ
△②ダインスインザムード
△③テレグノシス
△④ブリッシュラック
△⑯ジョイフルウィナー
△⑰オレハマッテルゼ

■単勝■(1点:\1,000)
⑥:\1,000
■複勝■(1点:\2,000)
⑥:\2,000
■馬連■(1点:\500)
⑥→⑱:\500
■馬単■(1点:\500)
⑥→⑱:\500
■ワイド■(1点:\500)
⑥→⑱:\500
■3連単■(9点;\1,700)
⑥→⑱→①⑧⑪⑭:\300ALL
⑥→⑱→②③④⑯⑰:\100ALL
■3連複■(10点:\1,000)
⑥→①⑧⑪⑭⑱(BOX):\100ALL


◎⑥ハットトリック
この馬はこの条件でしか勝てないと思っているので、ここで買わないでいつ買うのであろう。
ということでここで買う。
この馬にとってありがたいことは、ベスト距離のマイルG1が京都と東京で行われることである。
もし中山と阪神でG1マイル戦が行われていたらG1というタイトルには手が届いていなかったであろう。
マイルG1を2勝している同馬はどうみても格上。
ドバイでの敗退、遠征帰りで人気を落とすようであれば非常にありがたい。

②ダンスインザムードも2勝しているが2勝とも牝馬限定戦であり今回混合戦ということを考えるとアタマまでは難しい。
善戦どまりがいいところ。

③テレグノシスは3歳時にNHKマイルCを勝っているがその後はパッとしない。
今回で安田記念出走が4回目となるが
'03:京王杯1着→安田記念7着
'04:京王杯2着→安田記念2着
'05:京王杯3着→安田記念6着
'06:京王杯3着→安田記念?着

単純に京王杯以上の成績を安田記念では残せていない。
今回は武豊騎手が乗るということで多少は『武人気』で過剰に売れるところもあると思うが実はテレグノシスはG2大将なのでG1ではいらないのだ。
『年齢的なものはない!』と調教師も言っているが、周りの4歳、5歳の馬は成長しているのだ。
年齢的なものと上記データより今年は3着以下。

ここで時間がなくなったのでほかの馬に関しては省略。
○⑱のグレイトジャーニーの理由は
①京王杯組
②ハットトリックが来るのが前提でハットトリックが勝利したときによく連れてくるのが父か母父にサンデーサイレンスorミスタープロスペクター系。

◎⑥ハットトリックに関しては今話題の『ワールドカップ』と『ダヴィンチ・コード』が絡んでいる。
母トリッキーコード。
『と【リッキー】コード』ってな具合で解釈すれば
『リッキー』→『リトバルスキー』→『ドイツ』
とワールドカップ関連に無理やりもっていける。
このような予想法?は好きではないが狙った馬がこのように何かにひっかかっていると悪い気はしない。
今回はベタすぎだけど・・・。

<<妄想実況>>
大外から◎⑥ハットトリック!
まとめて交わしてゴーーーーール!!!

◎⑥ハットトリックがマイルG1をハットトリック!!!


ブログランキングに参加しています。
よかったらお好きなランキングサイトに投票お願いします。
↓↓↓
FC2競馬ブログランキングの最新競馬情報はこちら!
FC2 Blog Ranking
人気競馬blogランキングはこちらから
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 競馬ブログへ


◎mobile◎
■カーズマンのおすすめ■
■止まり木ブルース
【生粋のギャンブラー『健坊』が主人公のフィクション競馬小説。こんな賭け方してみたい!『よっしゃー!デケタ!そのままー!!!』】

■『馬券練習帳』シリーズ
【北野義則著。『一旦長者の考察』『あきらめラインの考察』など筆者独自の切り口でのさまざまな考察は面白くかつ納得させられます。カーズマンのバイブルの1冊でもあります。】

| 【G1】安田記念 | 11:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◎ 第73回東京優駿_日本ダービー(G1)_結果

◎ 第73回東京優駿_日本ダービー(G1)_結果



◎購入馬券
■単勝_ハズレ■
2006.05.28.東京.10r.001.単勝

■馬単_ハズレ■
2006.05.28.東京.10r.002.馬単

■馬連_ハズレ■
2006.05.28.東京.10r.003.馬連

■3連単_ハズレ■
2006.05.28.東京.10r.004.3連単

■3連複_ハズレ■
2006.05.28.東京.10r.005.3連複


◎レース結果

01.○②メイショウサムソン
02.▲⑥アドマイヤメイン
03.--⑮ドリームパスポート
-------------------------
10.◎⑨サクラメガワンダー
14.★⑭ジャリスコライト

■単勝■
②:\380
■複勝■
②:\150
⑥:\220
⑮:\280
■枠連■
1-3:\1,080
■馬連■
②-⑥:\1,120
■ワイド■
②-⑥:\400
②-⑮:\680
⑥-⑮:\1,170
■馬単■
②→⑥:\2,110
■3連複■
②-⑥-⑮:\3,420
■3連単■
②→⑥→⑮:\12,650


◎レース回顧

○→▲での決着。
レース展開はバッチシだっただが結局後ろからの馬たちは届かず。
ただ⑩アドマイヤムーン、⑰フサイチジャンクの馬券を買わなかったことは正解だった。
個人的な成績は『馬券下手』という結果に。

②メイショウサムソンが2冠達成し、2年連続3冠馬の誕生にリーチ。
果たして秋にはどのような構図になっているのであろうか?

ダービーでの1、2着馬は順調に行けば菊花賞でも馬券の対象となり十分楽しみである。


ブログランキングに参加しています。
よかったらお好きなランキングサイトに投票お願いします。
↓↓↓
FC2競馬ブログランキングの最新競馬情報はこちら!
FC2 Blog Ranking
人気競馬blogランキングはこちらから
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 競馬ブログへ


◎mobile◎
■カーズマンのおすすめ■
■止まり木ブルース
【生粋のギャンブラー『健坊』が主人公のフィクション競馬小説。こんな賭け方してみたい!『よっしゃー!デケタ!そのままー!!!』】

■『馬券練習帳』シリーズ
【北野義則著。『一旦長者の考察』『あきらめラインの考察』など筆者独自の切り口でのさまざまな考察は面白くかつ納得させられます。カーズマンのバイブルの1冊でもあります。】

| 【G1】東京優駿(日本ダービー) | 09:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◎ 第42回金鯱賞(G2)_結果

◎ 第42回金鯱賞(G2)_結果



◎購入馬券
■馬連_ハズレ■
2006.05.27.中京.11r.001.馬連

■3連単_ハズレ■
2006.05.27.中京.11r.002.3連単


◎レース結果

01.○⑩コンゴウリキシオー
02.△⑥ローゼンクロイツ
03.◎⑦エリモハリアー
-------------------------
04.△⑤ブルートルネード

■単勝■
⑩:\600
■複勝■
⑩:\170
⑥:\130
⑦:\140
■枠連■
6-8:\780
■馬連■
⑥-⑩:\780
■ワイド■
⑥-⑩:\320
⑦-⑩:\390
⑥-⑦:\270
■馬単■
⑩→⑥:\1,970
■3連複■
⑥-⑦-⑩:\1,160
■3連単■
⑩→⑥→⑦:\6,980


◎レース回顧

4着まで購入した馬で占めたものの馬券は当たらず。
軸が3着だったのだから仕方ない。
きっぱりあきらめる。

金鯱賞→宝塚記念は重要なステップで、金鯱賞組は毎年収拾を考えなければならないが、今年はどうやら考えなくても良さそうである。


ブログランキングに参加しています。
よかったらお好きなランキングサイトに投票お願いします。
↓↓↓
FC2競馬ブログランキングの最新競馬情報はこちら!
FC2 Blog Ranking
人気競馬blogランキングはこちらから
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 競馬ブログへ


◎mobile◎
■カーズマンのおすすめ■
■止まり木ブルース
【生粋のギャンブラー『健坊』が主人公のフィクション競馬小説。こんな賭け方してみたい!『よっしゃー!デケタ!そのままー!!!』】

■『馬券練習帳』シリーズ
【北野義則著。『一旦長者の考察』『あきらめラインの考察』など筆者独自の切り口でのさまざまな考察は面白くかつ納得させられます。カーズマンのバイブルの1冊でもあります。】

| 【G2】 | 03:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。