カーズマンワールド ■□■ 競馬の国 ■□■

今年は3連単で1,000万円Get!!してアドレナリン『ピュ~~ッ』と出したい!! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◎ 第29回ジャパンC(G1)_【ウオッカの頭はないと思う。】

ウオッカ。

3歳-4歳と一線で戦ってきた馬特有の5歳秋以降の下降線。

毎日王冠2着、天皇賞(秋)3着の流れからもここでの復活は厳しい。

豊様⇒ルメール閣下も今回は決して按上強化ではない気がする。

『ルメール閣下でもダメなら仕方ないか…。』

とやるべきことはやろうという意味での騎手変更ではなかろうか。

最後の足掻きだと思う。


あと予想という観点からいうとどうなのかとも思えるが、傾向として前年1着の騎手⇒今年3着という傾向が多く見られます。

■'01/1着⇒'02/3着【ペリエ】
■'05/1着⇒'06/3着【デットーリ】
■'06/1着⇒'07/3着【武豊】
■'07/1着⇒'08/3着【岩田】
■'08/1着⇒'09/???着【デムーロ】

さて、今年のデムーロは何着なのでしょうか。
まぁ、連覇はない。3着固定で。
といったところでしょうか。

【馬連】
⑨リーチザクラウン
⑯コンデュイット
⑥レッドディザイア

【3連系】
⑨リーチザクラウン
⑯コンデュイット
⑥レッドディザイア
⑤ウオッカ
⑱スクリーンヒーロー

で、馬券を組み立てようと思います。
スポンサーサイト

| 【G1】JC | 10:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◎ バルトーロ、ガッカリ7着!~京都05R新馬戦芝1800m~

■2009.11.22/京都05R新馬戦芝1800m

1.52.5/1着⑫ダノンシャンティ
-----------------------
1.52.6/2着⑥セイルラージ
1.53.7/7着③バルトーロ

・12.8-11.9-12.9-13.8-13.8-13.1-12.3-11.0-10.9
・37.6-40.7-34.2

バルトーロは不発に終わり7着。

中間LAPが13秒台が3つも続く超中弛みのどスローのレース。
よーいドンの競馬でした。

まぁ、父ダンスインザダークだしエンジンの掛かり具合が遅そうなのも仕方ないか・・・。

ソエが出そうとのことで放牧だそうです。

川田騎手が「必ず走ってくる馬です」とコメントしているように、先々大きいところを走ってくれているよう期待したいです。



内容的には2着に入った⑥セイルラージが一番強い競馬だったように思えます。

いいエンジンが搭載されていますね。

セイルラージは次走は確勝ではないでしょうか。

なんか、大きいとこまでいけそうな気がします。

パシフィカス一族として頑張ってもらいたいです。

この馬は追っかけようっと。

| ポトリザリス一族 | 02:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◎ バルトーロ伝説の新馬戦へ出陣!!~京都05R新馬戦芝1800m~

京都05R新馬戦芝1800mにディアデラノビアの弟バルトーロが出陣します。

馬名の由来は『アルゼンチ・タンゴの最初に採譜された作品』だそうです。

父がダンスインザダークということでクルサードの全弟です。

個人的にダンスインザダーク産駒は一枚落ちなのですが、応援していきます。

ひとつ下の弟が父ディープインパクトなのでこちらのほうがワクワクはしますね。


前売りでは1番or2番人気といったところで指示されています。

当初は脚の不安が発生し『年内は…』という情報もありましたが、年内に出走できてよかったな~と思っております。


相手はセイルラージでしょうか。

セイルラージはPOで指名しているのでいきなり対決となってしまいました。

セイルラージは大好きなビワハヤヒデの母パシフィカスの系統なのでこちらも応援したい馬であります。

このレースにはエイシンデピュティの下、スイープトウショウの下も出走しております。

今年の伝説の新馬戦とかになってくれないでしょうかね~(笑)


馬券は③バルトーロと⑥セイルラージの馬連1点で楽しみます。

| ポトリザリス一族 | 10:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

◎ 第34回エリザベス女王杯(G1)_【◎ジェルミナル】~6度目の正直~

ここももちろん◎は④ジェルミナル。

vsブエナビスタとは6度目の対戦となります。


■ブエナビスタに関して思うこと。

・なぜJCに向かわなかったのか。
⇒これに関しては凱旋門賞に行く行かないと一悶着ありましたが、クラブ馬である以上『確実に』賞金稼いでナンボ。だから秋華賞へ。みたいな意見もありました。
その観点からすると賞金の高いJCは勝つのは厳しいと判断したからなのでしょうか。
となると、世間で騒がれているほど絶対の存在ではない気がします。
実際秋華賞でとりこぼしましたから。


・真の適正はマイルなんじゃないか。
⇒持論で能力の長けた馬は3歳春までは距離は関係なく、能力で好走してしまう。
と考えているのでオークスは高い能力でブエナビスタは勝ったと自分は考えられます。
ここ2戦2000mという距離で負けています。
小回りのコースだったことが原因ともされていますが、実は距離も関係しているかもしれません。
今回は外回りで大丈夫という声もありますが、距離が延びる今回が試金石だと思っています。

ということを踏まえ、⑯ブエナビスタには喧嘩売ります。


⑯ブエナビスタの頭はない!!



ここ2年、『前で競馬ができるマイル重賞勝ちの3歳アグネスタキオン産駒』が優勝しています。


勝て、ジェルミナル!



◎④ジェルミナル
△⑤リトルアマポーラ
△⑧カワカミプリンセス
△⑯ブエナビスタ

| 【G1】エリザベス女王杯 | 10:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。