カーズマンワールド ■□■ 競馬の国 ■□■

今年は3連単で1,000万円Get!!してアドレナリン『ピュ~~ッ』と出したい!! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◎ 前走1600万下の馬はG1で通用するのか!?の考察

◎ 前走1600万下の馬はG1で通用するのか!?の考察



今週のヴィクトリアマイル(G1)にアグネスラズベリという馬が出走します。
全成績
【6-3-0-2/11】

先週新潟大賞典(G3)を勝ったオースミグラスワンにも勝っており、3走前勝利の知立特別芝1200mの勝ちタイムは翌日の高松宮記念2着のラインクラフトに0.1差。
タイムだけで比べると高松宮記念は3着だったことになる。
そして前走1600万下を勝利し4連勝し今回G1に挑戦となる。

父エアジハードといえば、安田記念であのグラスワンダーを撃破しG1を奪取。
天皇賞(秋)もスペシャルウィークの3着。
そしてマイルチャンピオンシップも制し2つのマイルG1を勝った最強世代の馬の1頭である。
また、母父がトニービンであれば
『東京コース・マイルが合わないわけがない!』
と考えるの普通である。

さて、この馬当日何番人気になるのであろう?

ラインクフトvsエアメサイアの様相の当レース。
『間に入るなら!?まとめて負かすなら!?この馬!!』
と思っている方の為にG1に出走した馬の前走について調べてみた。
データは'90.01.01'-06.05.07の約16年間(なぜ16年間かというと、根拠は無い。区切りよく'90から)。
平地のG1競争で3歳戦以上がデータの対象。



◎ G1出走馬の前走別成績



1000万下
【0-0-0-12/12】
1600万下
【0-0-1-46/47】

OPEN特別
【4-7-11-170/192】
G3
【17-17-24-287/345】
G2
【36-33-35-438/542】
G1
【53-51-41-429/574】


◎ 前走1600万下からのG1挑戦は着ても3着。しかし、その確率はとても低い。G1はそんなに甘くは無い!!!



が結論です。

2003年スプリンターズステークス(G1)ではレディブロンドが前走1600万下を勝ち5戦5勝での挑戦で3番人気4着に敗れている。
『レディブロンドって?』方に簡単にレディブロンドを説明。

レディブロンドは父シーキングザゴールド、母ウインドインハーヘアー。
の藤沢和雄厩舎管理の馬であった。
『あれ?ウインドインハーヘアーって・・・』
そう、今や知らない人はまずいない、あのディープインパクトの母である。
すなわちレディブロンドってディープインパクトのお姉さん。
実はお姉さんも強かったんです。

競馬知ってる方には全く説明不要ではありますが・・・


ということでカーズマン的にはアグネスラズベリはカモ馬に指名させていただきます。

自分は
◎第1回ヴィクトリアマイルカップ_展望【◎ディアデラノビア】
でも記したように本命は
◎ ディアデラノビア
なので、ガンガンにアグネスラズベリ馬券が売れてくれればと願っています。


ブログランキングに参加しています。
よかったらお好きなランキングサイトに投票お願いします。
↓↓↓
FC2競馬ブログランキングの最新競馬情報はこちら!
FC2 Blog Ranking
人気競馬blogランキングはこちらから
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 競馬ブログへ


◎mobile◎
■カーズマンのおすすめ■
■止まり木ブルース
【生粋のギャンブラー『健坊』が主人公のフィクション競馬小説。こんな賭け方してみたい!『よっしゃー!デケタ!そのままー!!!』】

■『馬券練習帳』シリーズ
【北野義則著。『一旦長者の考察』『あきらめラインの考察』など筆者独自の切り口でのさまざまな考察は面白くかつ納得させられます。カーズマンのバイブルの1冊でもあります。】

| 競馬考察 | 02:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaaaazuman.blog40.fc2.com/tb.php/106-642abd5e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。