カーズマンワールド ■□■ 競馬の国 ■□■

今年は3連単で1,000万円Get!!してアドレナリン『ピュ~~ッ』と出したい!! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◎ 第67回優駿牝馬_オークス(G1)_展望【◎ブロンコーネ】

◎ 第67回優駿牝馬_オークス(G1)_展望



今週は第67回優駿牝馬_オークス(G1)が行われます。
すでに枠順も決定し今さら展望でもないんですが…

今年の3歳牝馬はレベルが低いと思っていて、特に『この馬から!』というのもいないのでテンション低め。

G1がある週は月曜日に競馬ブックを購入し、時間にすきあらば検討するようにしているが、今週は競馬ブックすら買わずにナケナシの小遣いを使わないですんだ。

ということまあり、まともに人気馬から入る気はサラサラない。
かといって、『とても魅力のある穴馬』もいるわけではない。

ので感覚的に『それどうなのよ?』ってところをデータ的に検証してみる。


人気の1頭である武豊騎手騎乗の⑬アドマイヤキッス。
⑬アドマイヤキッスの父はサンデーサイレンスであるので問題なさそうだが、『母父ジェイドロバリーってどうなのよ?』ってのが桜花賞からあった。
今回東京コースの芝2400mということでどうも長い感じがする。
⑬アドマイヤキッスを斬りたいこともあるので調べてみた。


◎母父ジェイドロバリー産駒の東京芝コース距離別成績
=産駒データのある'00.02.20-'06.05.14=

■芝1400m
【2-1-2-20/25】
■芝1600m
【3-2-1-12/18】
■芝1800m
【2-1-1-10/14】
■芝2000m
【1-0-0-10/11】
■芝2400m
【0-0-0-2/2】
■全芝成績
【8-4-4-54/70】


やはり長いよりは短いほうがいい感じ。
次いで、クラス別でも調べてみた。


◎ 母父ジェイドロバリー産駒の東京芝コースクラス別成績
=産駒データのある'00.02.20-'06.05.14=

■新馬
【1-0-0-4/5】
■未勝利
【2-0-0-12/14】
■500万下
【2-3-1-16/22】
■1000万下
【3-1-0-9/13】
■1600万下
【0-0-0-6/6】
■OPEN
【0-0-0-0/0】
■G3
【0-0-2-1/3】
■G2
【0-0-1-3/4】
■G1
【0-0-0-3/3】
■全成績
【8-4-4-54/70】


結論は⑬アドマイヤキッス斬り!

それでは、人気のもう1頭⑰キストゥヘヴンについても軽く触れてみる。

まず⑬アドマイヤキッスでも母父について調べたのでこちらも母父ノーザンテーストを同様に調べてみた。
さすがに『偉大な血』で特に問題なさそう。
それでは『父アドマイヤベガはどうなのよ?』と思って調べてみた。
感覚的にはアドマイヤベガ自身がサンデサイレンス×トニービンという血統でダービーも勝っているので問題なさそうだけどね。
で、結果は・・・


◎アドマイヤベガ産駒の東京コース距離別成績
='04.10.17-06.05.14=

■芝1400m
【0-1-2-16/19】
■芝1600m
【2-3-5-18/28】
■芝1800m
【4-1-2-14/21】
■芝2000m
【0-0-5-6/11】
■芝2300m
【0-0-0-2/2】
■芝2400m
【0-0-0-8/8】
■全芝成績
【6-5-14-64/89】


『!?』面白い結果が出ました。
どうやら、アドマイヤベガ産駒は東京コースでは中距離バッターのようです。
これなら『人気で消しが妙味!』
ということで⑰キストゥヘヴンも斬れました。

それなら、『もう一丁!』ってことで桜花賞3着の⑥コイウタの父フジキセキ産駒についても調べてみる。
フジキセキといえば2000mまでというイメージもあるし・・・


◎ フジキセキ産駒の東京コース距離別成績
='98.10.10-06.05.14=
■芝1400m
【3-11-11-95/126】
■芝1600m
【19-21-18-93/151】
■芝1800m
【8-5-8-173/94】
■芝2000m
【4-4-5-30/43】
■芝2300m
【0-0-0-6/6】
■芝2400m
【1-0-1-18/20】
■芝2500m
【0-0-0-2/2】
■全芝成績
【41-41-43-318/443】


やはり距離伸びると成績下降。
2000mまでは対応できる結果。
となると、一気に距離が伸びる今回は?
クイーンステークス(G3)を勝っているがそれは得意距離だったからといえないくもない。
よくクイーンステークスとオークスは連動するので注目を浴びるが今回はどうなのだろう?
やはり『人気なら消しが妙味!』ということでコイウタ斬り決定!

これで人気どころを勝手に消すことに成功したのでどっから行くかだね。

それでカーズマンが指名するのは
◎⑭ブロンコーネ

血統的にブラインアズタイム×トニービンであれば今回のメンバーであれば魅力的。
2000m→2400mと距離が伸びるのは不安材料というよりはむしろ好材料。
母父トニービンの東京芝2400mの成績は
【12-13-7-64/96】
連対率26.0%
複勝率33.3%
と4回に1回は連対し、3回に1回は3着に来る。
按上が吉田豊騎手ということは少し不安だが、G1-8勝のうち7勝は牝馬のレースであるのでそこは期待しよう。

それと過去オークスでの枠順別成績も。


◎ 過去10年の優駿牝馬_オークスの枠順別成績
1枠【0-3-0-17/20】
2枠【2-1-1-16/20】
3枠【2-2-2-14/20】
4枠【0-0-0-20/20】
5枠【1-1-1-17/20】
6枠【0-1-2-17/20】
7枠【3-1-1-24/29】
8枠【2-1-3-22/28】


と完全に4枠は死に目。
4枠に入った馬は問答無用で斬り!
ちなみに、◎⑭ブロンコーネは好成績の7枠。

こう考えると人気どころ3頭を消せた分、俄然やる気が出てきた!
◎⑭ブロンコーネを中心に馬券を組み立て日曜日までにまとめよーっと♪


ブログランキングに参加しています。
よかったらお好きなランキングサイトに投票お願いします。
↓↓↓
FC2競馬ブログランキングの最新競馬情報はこちら!
FC2 Blog Ranking
人気競馬blogランキングはこちらから
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 競馬ブログへ


◎mobile◎
■カーズマンのおすすめ■
■止まり木ブルース
【生粋のギャンブラー『健坊』が主人公のフィクション競馬小説。こんな賭け方してみたい!『よっしゃー!デケタ!そのままー!!!』】

■『馬券練習帳』シリーズ
【北野義則著。『一旦長者の考察』『あきらめラインの考察』など筆者独自の切り口でのさまざまな考察は面白くかつ納得させられます。カーズマンのバイブルの1冊でもあります。】

| 【G1】優駿牝馬(オークス) | 02:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaaaazuman.blog40.fc2.com/tb.php/111-bbe3d704

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。