カーズマンワールド ■□■ 競馬の国 ■□■

今年は3連単で1,000万円Get!!してアドレナリン『ピュ~~ッ』と出したい!! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◎ 第43回中日新聞杯(Jpn3)_【中京11R】_予想【◎サンライズマックス】~本物かフェイクかの試金石!?~

◎ 第43回中日新聞杯(Jpn3)_【中京11R】_予想【◎サンライズマックス】~本物かフェイクかの試金石!?~



『◎』は2007年度PO馬であった◎⑧サンライズマックス
PO馬に選んだのも結構地味な血統も母父がダンシングブレーヴだったので選んでみた。
出てきた当初は人気はなかったが若葉ステークスで2着に入り皐月賞までコマを進めたので今年の皐月賞はちょっとワクワクしたなー。
休養明けの500万下→1000万下と1番人気でぶっこ抜いて正直ビックリ。
まさか重賞で1番人気に推されるまでになるとは思っても見なかった。
穴血統のような感じだと思ったんだけどな~。
まぁここは按上デムーロで必勝体制を整え人気同様実力がついてこれるか応援もこめての『◎』。

相手『○』はルメール閣下の⑬タスカータソルテ。
昨日結果が出せなかった分ここで結果を出して欲しい。

こんなローカルでデムーロ&ルメール君臨では他の2流~3流騎手の入る余地はないか。

上記2大騎手がこのレースを支配すると考えると、彼らの前にいる馬達は軒並み飲み込まれていってしまうと考え、こっそり後ろからついてくる馬にチャンスがありそう。
ということで『△』⑤ダイレクトキャッチと⑦モリノミヤコの2頭を穴で。


【A】◎⑧サンライズマックス
【B】○⑬タスカータソルテ
【C】△⑤ダイレクトキャッチ
【C】△⑦モリノミヤコ

■馬連■
⑧→⑬
■3連単■
⑧⑬→⑧⑬→⑤⑦
⑧⑬→⑤⑦→⑧⑬
■3連複■
⑧⑬⑤⑦BOX



阪神JFはよくわからないのでパス。
その代わり中山11Rの【ターコイズ母父カーリアンステークス】に少し参戦。
◎⑩タイキマドレーヌ
ここは馬券圏外にふっとぶことは考えにくい。
相手は『○』には④カタマチボタン。
中山コースも得意とし距離も問題なし。
◎-○に共通するのは母父カーリアン。
ここは母父カーリアンのワンツーだ。

となれば①ナリタシークレットも母父カーリアンなので引っ掛けておかなければ来た時卒倒するので買い目に入れておく。
非常に人気がないので爆弾馬だな。

そんでもって、①ナリタシークレット(フジキセキ×母父カーリアン)を目に入れるのであれば、同様の血統構成をもつ⑫コスモマーベラス(フジキセキ×母父ニジンスキー)を入れておくのはセオリー。


【A】◎⑩タイキマドレーヌ
【B】○④カタマチボタン
【C】△①ナリタシークレット
【C】△⑫コスモマーベラス


■単勝■

■馬連■
⑩→④
■ワイド■
⑩→④
■3連単■
⑩→④①⑫→④①⑫
④→⑩→①⑫
④→①⑫→⑩
■3連複■
⑩④①⑫BOX

本日は昨日の運が上向きになったのか、それともただのマグレ一発でこのまま有馬までおとなしくしておいたほうがいいのかを見極めるべく軽く参戦しその真意を確かめたい。

って、結局おとなしくはできずに参戦してるじゃんね~(汗)


ブログランキングに参加しています。
よかったらお好きなランキングサイトに投票お願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想・馬券術
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想・馬券術へ
FC2競馬ブログランキングの最新競馬情報はこちら!
FC2 Blog Ranking
人気競馬blogランキングはこちらから
人気競馬blogランキング



■TBさせていただいたサイト様一覧■
■馬(競馬)~【にほんブログ村@競馬ブログ】~
■中央競馬予想~【にほんブログ村@競馬ブログ】~
■競馬情報~【にほんブログ村@競馬ブログ】~



| 【G3】 | 13:33 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaaaazuman.blog40.fc2.com/tb.php/327-88044634

TRACKBACK

12月6日(木)「The history is repeated!」歴史は繰り返される・・・

 「父内国産馬」という区分けが廃止されるというニュースを目にした時、なぜか無性に競馬についてのブログを書きたくなり、本日が筆降ろしとなった。来年から、もう競馬新聞に「父」という言葉がなくなる。実際は、「父内国産馬」の存在は消えることはないのだが、自身、...

| 馬師のブログ | 2007/12/07 03:02 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。