カーズマンワールド ■□■ 競馬の国 ■□■

今年は3連単で1,000万円Get!!してアドレナリン『ピュ~~ッ』と出したい!! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◎ 第29回ジャパンC(G1)_回顧_【ウオッカ様失礼しました。】

JCも終わって日が経ちますが、とりあえず自分なりの回顧をしておかなければ。

テイエムオペラオー。
ゼンノロブロイ。
と世代をひっぱてきた馬が、5歳秋で陰りを見せてその後勝てなくなってしまったということが鮮明に頭にあり、『毎日王冠2着→天皇賞(秋)3着』という流れからウオッカもやはりそうか…と思っていました。

でも結果が出てから考えてみれば、上記2頭は4歳の秋は完璧な成績で5歳を迎えたのに対し、ウオッカは取りこぼしながらの秋4歳だったわけで、それがいい息抜き(?)となっていたのでしょうか。



■2009.11.29/東京10R/JC(G1)
・12.7-10.5-12.0-12.0-11.8-12.2-12.1-12.0-12.0-11.4-11.4-12.3
・35.2-72.1-35.1


中間が72.1と淀みのない締まったレースで、差し・追い込みが有利となった今回のJC。
ここが73秒台だと前が有利。
それを前で踏ん張ったウオッカはやはり強かったと思います。


今回リーチザクラウンが逃げればスローに落とすことはないと思ってので、ハイでぶっ飛ばすことはないからミドル~ハイ寄りのペースなのではないかと思っていました。
ウオッカはスローだと取りこぼしがあるけど、ミドル・ハイであれば強いのはわかってはいました。
ただ前述したとおり『衰え』には勝てないと思ったので、もうその時点でダメだったわけですけど。


Lapはとても興味があるのですが、Lap分析の仕方がまるでわからんのです。
しかし、いずれはLapで話ができるようになりたいので、見解が当たっているかどうかは別にして言葉が少ないですがLap面から今回の復習してみました。




自分の今秋の競馬はほぼ壊滅状態だったのですが、まぁ正直今回の結果で自分の心が折れたのは間違いなく

『次のG1来いや!!』

と心が躍らなくなってしまいました。



で、もう気持ちは有馬記念。

有馬記念はリタイアする馬が多くちょっと寂しいメンバーになりそうですが、今から期待している馬が3頭ほどいるので、その期待している馬達が果たして本当に好走できるのか、まだまだ時間があるので自分の都合のいいようにデータ収集してみようと思います。

一応、自分の追っかけている馬が出れば馬券は買うであろうが有馬まではおとなしくしておくつもり。



あっ、13日の日曜日は仕事休みなので、今年最後の現場突撃で中山競馬場参戦を画策しております。

12月後半はおそらく休みなんぞ取れないだろうから、有馬は行きたくてもまず無理だろうし…。

なので13日の競馬だけは思い切り競馬をやる為にもカペラSと阪神JFは研究しておこう。



ウオッカ様。

来年も走るのでしょうか?

自分としてはこのまま引退させてあげて欲しいですけどね。

| 【G1】JC | 02:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaaaazuman.blog40.fc2.com/tb.php/520-e759c624

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。