カーズマンワールド ■□■ 競馬の国 ■□■

今年は3連単で1,000万円Get!!してアドレナリン『ピュ~~ッ』と出したい!! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◎ 第23回フェブラリーステークス(G1)_考察

第23回フェブラリーステークス(G1)の考察


今週は今年初のG1フェブラリーステークスが開催されます。
フェブラリーステークスがG1に昇格し今年で10回目を迎えます。
2003年は中山競馬場での開催だったので東京ダート1600mといった条件でのデータは8回分となります。

【年齢】【O.ペリエ】【3着以内馬の翌年の成績】をキーワードにアプローチしてみたいと思います。


①■年齢■
年齢別着順
4歳【2-6-1-24/33】
5歳【5-0-3-24/32】
6歳【1-1-2-32/36】
7歳【0-1-2-23/26】

4歳での勝利馬は2頭
'97シンコウインディ
'05メイショウボーラー

5歳での勝利馬は5頭
'99メイセイオペラ
'00ウイングアロー
'01ノボトゥルー
'02アグネスデジタル
'04アドマイヤドン

6歳での勝利馬は1頭
'98グルメフロンティア


②■O.ペリエ■
【2-2-1-1/6】
'98:6着/牡6エムアイブラン
'00:1着/牡5ウイングアロー
'01:1着/牡5ノボトゥルー
'02:3着/牡6ノボルゥルー
'04:2着/牡4サイレントディール
'05:2着/牡4シーキングダイヤ


③■3着以内馬の翌年の成績■
'97
1着:シンコウインディ→不出走
2着:ストーンステッパー→10着
3着:バトルライン→9着

'98
1着:グルメフロンティア→不出走
2着:メイショウモトナリ→11着
3着:シャドゥクリーク→12着

'99
1着:メイセイオペラ→4着
2着:エムアイブラン→不出走
3着:タイキシャーロック→不出走

'00
1着:ウイングアロー→2着
2着:ゴールドティアラ→5着
3着:ファストフレンド→6着

'01
1着:ノボトゥルー→3着
2着:ウイングアロー→9着
3着:トゥザヴィクトリー→4着

'02
1着:アグネスデジタル→不出走
2着:トーシンブリザード→不出走
3着:ノボトゥルー→6着

'04
1着:アドマイヤドン→4着
2着:サイレントディール→不出走
3着:スターリングローズ→不出走

'05
1着:メイショウボーラー→???
2着:シーキングザダイヤ→???
3着:ヒシアトラス→???

翌年のフェブラリーステークスに出走した馬の成績
【0-1-1-11/13】
前年より着順が同着順以上馬0頭。

①②③より
1着は5歳を中心に
2着は4歳を中心に
1着→2着→3着
5歳→4歳→?歳
が基本のようです。

O.ペリエ騎乗のシーキングザダイヤは②③より
3着が濃厚のようです。

今回出馬予定の5歳馬は
アジュディミツオー
シーキングザダイヤ
タイキエニグマ
メイショーボーラー
ですが
③より
アジュディミツオー
タイキエニグマ
が5歳勢の中では1着候補です。

しかし、勝馬の前走の距離別データは
距離短縮:6頭
距離延長:2頭
というデータがあります。
距離延長の2頭は共に前走根岸ステークス1着です。
これより距離短縮のアジュディミツオーのほうに魅力を感じます。
また按上もG1逆噴射騎手の田中勝春騎乗のタイキエニグマよりも
サイボーグ騎手の内田博幸騎手騎乗のアジュディミツオーを上位とみなしたいと思います。

今年の有力4歳勢は
カネヒキリ
サンライズバッカス
タガノゲルニカ
ヴァーミリアン

前走根岸ステークス4着、距離延長のサンライズバッカスは割引。
按上も佐藤哲三騎手→柴田善臣騎手ということも割引材料。

となると4歳勢の中心は実績上位のカネヒキリ、ダート無敗・能力未知数のタガノゲルニカ、ダート路線で新たな道を切り開いたヴァーミリアンの3頭。

ただ、武豊騎手のG1東京ダート1600m戦績は
【0-2-1-5/8】
となっていることと、
個人的にカネヒキリは『本当に強いのか!?』という疑念があること。
また、海外遠征が決まっている馬で前哨戦として国内レースを走った馬って戦績どうなんでしょうね?
去年のゼンノロブロイも宝塚3着でしたし。

『このレースを勝てば海外!』というのとは違うし、ましてやドバイに標準をあわせるのであれば今回は完全な仕上りは見込めないのでは?
また前記したようにカネヒキリに関しては『本当に強いのか?』という疑念をもっていることから、余裕残しで勝てるレースとは思えない。

4歳勢の中では
前走1着が4歳馬の勝利の条件の1つ。
であるならば1番手評価はタガノゲルニカ。
2番手評価は按上C.ルメール騎手のヴァーミリアン。
C.ルメール騎手の昨年G1での対武豊騎手の成績は6戦5先着!
3番手評価は上記理由よりカネヒキリ。

ちなみに前年覇者のメイショウボーラーは③より1着は考えにくい。
ただ、前走59kg根岸ステークス組は過去'02・'04と3着に来ているので
データどおりだと3着まで。


【結論】

1着:アジュディミツオー・タニノゲルニカ
2着:タニノゲルニカ・ヴァーミリアン・カネヒキリ
3着:シーキングザダイヤ・メイショウボーラー


FC2競馬ブログランキングの最新競馬情報はこちら!
【第23回フェブラリーステークス(G1)】の情報は人気競馬blogランキングへ!
◎カーズマンの外馬番の法則_携帯版

POGでは飽き足らない、競馬ファン必見!
完全無料!初級者から上級者まで競馬ファン必見の総合サイト【デジ馬.com】

| 【G1】フェブラリーS | 08:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaaaazuman.blog40.fc2.com/tb.php/60-3009a61f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。